アロエの副作用
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > サプリメント > アロエの副作用

アロエの副作用

日本でも栽培され、昔から薬としても活躍してきたアロエですが、その種類も豊富でなんと500種類以上あるといわれています。(今回はその中でも健康食品などで利用される「アロエバラ」と「キダチアロエ」についてです。)

そのアロエの副作用について今回はご紹介したいと思います。

アロエの副作用について

アロエの副作用ですが、基本的には安全性が高いと考えられています。ただ、過剰摂取などで下痢などを起こすケースもあるようです。これは体質にもよります。

また、アレルギー症状が起きる場合もあります。アレルギー症状の中には皮膚症状や胃腸に起きる障害など(具体的には発疹や嘔吐など)が含まれます。

ただし基本的には食材に近い成分であることから今まで大きな副作用などは報告されていません。また、他のサプリメントとの併用に関しても大きな問題などは報告されていないようです。

アロエは健康茶などとしても販売されていますが、上手につかって健康的な生活を送りたいものです。

記事:2007年03月09日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド