大豆ペプチドの効果
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > サプリメント > 大豆ペプチドの効果

大豆ペプチドの効果

大豆ペプチドとはアミノ酸が数個から数十個結合したもの。発酵や酵素分解によって作られ、納豆や味噌などに含まれていますが、大豆ペプチドはスポーツ選手にも人気の成分です。

実際に03年に優勝した阪神タイガースの選手達が大豆ペプチドを摂取していた話はよく知られています。

大豆ペプチドの効果とは

そんな大豆ペプチドの効果ですが脳の疲れをとる、体の疲労回復、基礎代謝を挙げるといったことが挙げられます。

また、肝臓機能の働きを助けたり、免疫力をアップさせるといった効果もあるといわれています。また、大豆ペプチド健康フォーラムによると大豆ペプチドの効果の中には集中力を高める・・・といったことも含まれており、摂取してから20分後には「α2波」が増加するといったことも確認されているとのこと。

1日の摂取量の目安は4000mg。

記事:2007年02月17日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド