紅麹にコレステロールを下げる効果がある理由
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > サプリメント > 紅麹にコレステロールを下げる効果がある理由

紅麹にコレステロールを下げる効果がある理由

紅麹にはコレステロールを下げてくれる働きがあります。高コレステロール血症の治療薬としても紅麹が使われる機会が多いのですが、その理由とは一体何故でしょうか?

紅麹とコレステロール

以前に行われた臨床試験では紅こうじが善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを低下させるといった結果も報告されています。

紅麹がコレステロールを低下させる理由はモナコリンという物質にあると考えられています。モナコリンはコレステロールの合成を阻害する・・・と言われているからです。

紅こうじの効果は漢方でも血液の流れをよくする、胃の消化を助けてくれるとも言われています。サプリメントとして服用する際は、他の医薬品との併用などは避ける必要があります。服用の際は医師に相談してみるとよいでしょう。

記事:2007年02月15日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド