怒りを静める方法
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > メンタルヘルス > 怒りを静める方法

怒りを静める方法

怒りを静める方法なんてあるのでしょうか?

怒りを感じる場面は沢山あります。マナーの悪い人、人に迷惑をかける人、図々しい人、常識はずれの人・・・など。でも、そうやって怒りを感じれば感じるほど、一番損をしているのはあなた自身であるということも、あなたは知っているはずです。

怒りを抑えるには

さて、怒りを静める方法として何かモノにあたったり、例えばサンドバックを殴ったりすることをすすめる人もいるようですが、それでは逆効果になる場合があります。

実際にNHKの「ためしてガッテン」で行われた実験では、サンドバックをたたいても怒りを静める効果はないことが示されていました。

この「ためしてガッテン」で行われたのは、被験者達を喫茶店に集め、そこでわざと注文を間違えたり、被験者達を怒らせるようなことをする実験です。

注文を間違えられたり、待たされたりした被験者の中にはついに我慢できなくなって、苦情を言い出す人もいましたが、一人だけ怒りを感じることなく過ごすことができた方がいました。

その方はお坊さんでしたが、正確にいうと、怒りを全く感じなかったわけではなく、少しイラっとさせられるような場面はあったそうです。しかし、そこで怒りをためていったほかの被験者とはあることが違っていました。

このお坊さんは、怒りを感じるような場面でも、「何なんだこの対応は!」と感情的になるかわりに、「今ここにいるのは実験の前に時間があるからで、コーヒーを飲むことが目的ではない」と考えたそうです。

これを「認知的再評価」といいます。認知的再評価とは、「自分に言い聞かせる」といった行為のことを指します。

怒りの感情は理性の脳と呼ばれる前頭前野の働きで沈めることができます。つまり、「自分に言い聞かせる」という方法をとったこのお坊さんは理性の脳を上手に働かせることができたため、怒りを静めることができた・・・というわけです。

記事:2009年07月19日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド