うつ病の身体症状とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > メンタルヘルス > うつ病の身体症状とは

うつ病の身体症状とは

うつ病の身体症状にはどんなことが挙げられるのでしょうか?うつ病は決してマイナーな病気ではなく、有病率も人口の3〜5%と言われるほど一般的な病気であるといえます。

うつ病の身体症状としては疲労感、食欲不振、めまい、頭痛、性欲減退、睡眠障害、肩こりなどが挙げられます。そしてこのうつ病の身体症状はある病気に対するリスクを増加させることもわかってきました。

うつ病の身体症状が与えるリスク

うつ病は免疫システムに影響を与えることも知られていますが、今回アメリカで報告された研究結果は心疾患とうつ病の身体的症状の関係性でした。

米インディアナ大の研究者らは324人を対象にしてある調査を行ったのですが、その結果うつ病の身体症状である疲労や食欲不振が動脈壁肥厚を引き起こすことがわかったと言います。

動脈壁肥厚は心血管疾患の初期徴候であり、以前考えられていたような不安や怒りなどの感情が心疾患のリスクを増加させているわけではなく、うつ病の身体症状がその原因であることを今回の研究結果は導き出しています。

記事:2007年02月23日

関連キーワード:
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド