不妊症の原因、男性と女性の割合とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 不妊症の原因、男性と女性の割合とは

不妊症の原因、男性と女性の割合とは

私の知人にあるカップルがいます。二人は夫の実家で暮らしていたのですが、夫の両親はとにかく孫が欲しくて欲しくて仕方がなかったのでした。しかし、子供は待てど暮らせどできない。

そこで、妻に原因があるのではないかと、結構厳しく責められていたようです。それがストレスになっていた妻。ストレスも不妊の大きな原因ですから、責められていたことそのものが原因だったのかも知れませんね。

さて、不妊治療のかいもなく子供を授かることができなかった二人は結局離婚してしまうことになりました。

本当に残念です。

同じような体験をしてしまった人も多いのかも知れません。でも不妊の原因って女性だけにあるわけではないことは今ではよく知られていることです。実際にはどのくらいの割合なのでしょうか?

WHOによる7000組以上のカップルを対象にした調査では下記のような結果になっています:

▼不妊症の原因

・女性 41%
・男女両方 24%
・男性 24%
・原因不明 11%

男性に原因があるケースは男女両方を合わせると5割近くにもなることがわかります。もし、このことを冒頭で登場した両親が理解していれば、ふたりは離婚しなくて済んだのかも知れません。

記事:2010年02月10日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド