睡眠時間と乳がんのリスク、そしてもう1つの要因とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 睡眠時間と乳がんのリスク、そしてもう1つの要因とは

睡眠時間と乳がんのリスク、そしてもう1つの要因とは

睡眠時間と乳がんを発症するリスクについて研究した調査結果が発表されています。米国がん研究学会で発表されたのは睡眠時間と乳がん・結腸がん発症のリスクです。

そしてここにもう1つの要因が加わります。それは・・・運動で消費するエネルギー量です。

運動と睡眠が乳がんを予防する?

今回調査対象となったのは5968人の女性です。(がんにはなっていない人)

この調査は10年間に渡って行われた大規模なものでしたが、対象者の中から604人にがんが見つかりました。そしてそれらの女性とがんにはならなかった女性とを比べていくとある発見があったと言います。

それは、もっとも運動をしていた女性のグループは運動をもっともしていなかったグループの女性に比べてがんを発症するリスクが25%も低かったのです。

さらにもう1つの発見があります。

それは運動を頻繁に行っているが、睡眠時間が平均で7時間未満の女性の場合、睡眠を十分にとっている女性よりもがんになるリスクが47%も高いということが分かったのです。

睡眠と運動、そしてがんとの関連性についてはさらなる研究が期待されます。

記事:2009年10月21日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド