過敏性腸症候群の原因と対策
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 過敏性腸症候群の原因と対策

過敏性腸症候群の原因と対策

時には便秘、時には下痢、又はこの両方が交互にやってくるという特徴がある過敏性腸症候群。ある調査では20歳以上の人の5割以上にこの症状が見られたという結果がでています。

過敏性腸症候群の場合、下痢がおさまっても、ガスがたまっていたりお腹が膨らんでいるような感覚がある場合もあります。

原因は何?

過敏性腸症候群の原因は主に、食生活の乱れやストレスといわれています。便秘と下痢が交互にやってくる理由でも紹介しましたが、ストレスなどによって自律神経に乱れが生じ、腸の働きを阻害してしまうのです。

過敏性腸症候群の症状でその症状について詳しくご紹介していますのでそちらも参照ください。

過敏性腸症候群の原因はさきほど申し上げた、ストレスがその1つとして考えられています。脳で感じたストレスが腸の働きを乱す・・・というわけです。

ですから、過敏性腸症候群の対策にはストレスを何とかしなくてはなりません。ストレス解消方法についてはまた別の機会にご紹介してゆきたいと思っています。

記事:2009年04月08日

関連キーワード:, , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド