アルツハイマー病の予防法は人と話すこと?
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > アルツハイマー病の予防法は人と話すこと?

アルツハイマー病の予防法は人と話すこと?

アルツハイマー病の予防については以前にも記事を書いていますが、今回はまた違った予防方法についてご紹介したいと思います。

以前に「NHKのためしてガッテン」でも紹介されていたことですが、ヨーロッパで行われた調査によると、知人や家族などと話す機会が多い人ほど認知症の発症率が少ない・・・ということがわかっています。逆にそういった人とのかかわり合いが少ない人が認知症になる確率はなんと8倍!驚きの結果になりました。

つまりアルツハイマー病を予防するには人と会話をして脳を活性化させることが良いというのです。

話相手がいない人、人付き合いが苦手な人の対策

現在、家族と住んでいたり、多くの友人がまわりにいる・・・という人はいいかも知れません。しかし、もし友達が殆どいない、全くいない・・・という人はどうすればいいのでしょうか?

人付き合いが苦手な人はどうすれば?

まず、病気の予防のために人付き合いを無理にすることはしなくても良いと私は思います。こういった記事を書いておいて矛盾するようですが。

しかし、友達が欲しい、人と話したい・・・そう心の中では思っているのに苦手意識があって、どうしても難しいという人はまだ諦めるのは早いと思います。

友達が欲しいと思っている人は毎日、自分が友達ができて楽しくしている様子を頭の中で再現してみましょう。これを毎日続けます。なりたい自分を思い浮かべるわけですね。

もう年だから・・・とか、そんなことは関係ありません。人は頭に思い浮かべたことを現実にする力があります。

だから、まずは頭の中で思い浮かべることです。それもできるだけ細かく具体的に。

記事:2009年02月25日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド