加湿器の選び方と4つのポイント
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 加湿器の選び方と4つのポイント

加湿器の選び方と4つのポイント

風邪の予防やインフルエンザの予防などにも大切な湿度。そこで登場するのが加湿器ですが、選び方にはコツなどあるのでしょうか?どのタイプの加湿器を選んだらいいのでしょうか?

1.加湿器の種類と利点・欠点

加湿器にもいくつかのタイプがあります。

タイプ 特徴 利点 欠点
スチーム式
ヒーターで水を沸騰させ蒸気を発生させる。お湯を沸かすのと同じ原理。蒸気が見える。
加湿能力が高く、水を加熱しているため衛生面で安心。
消費電力が他のタイプに比べて高い。噴出し口が高温になるタイプだと注意が必要。
ハイブリッド式
水を含んだフィルターに温風をあてたり、ヒーターを使わない気化式となったりするスチーム式と気化式をうまく合わせたタイプ。蒸気は見えない。
気化式とスチーム式の利点を活かしていて省エネ。噴出し口も熱くならない。
価格が高め。加湿フィルターの交換が必要になる
気化式
湿ったフィルターに風をあてて加湿するタイプ。熱は使わない。蒸気は見えない。
消費電力が低い。ヒーターを使わないので火傷の心配がいらない。
加湿力が弱く、時間がかかる。フィルターの交換も必要。
超音波式
水を超音波の振動で霧のようにして飛ばし加湿するタイプ。
価格も低めで消費電力も少ない。火傷の心配がない。
衛生面の理由でこまめに手入れする必要がある。
 

さて、それぞれの加湿器のタイプとその特徴を理解したところで最終的にどのようにして選んだらいいのでしょうか?

加湿器の選び方はまず上の表を見て、自分の用途に合ったものを選びましょう。価格、消費電力、手入れのしやすさ、安全性などそれぞれ違った優先順位があると思います。

それを踏まえたうえで、下記の点もチェックしておくといいでしょう:

2.加湿量(加湿能力)

適応床面積という形でも仕様が書いてあるかも知れません。加湿器を使うお部屋にあわせて決めましょう。一般的に6畳前後であれば、300ml/h程度で十分です。いずれにしても仕様に書いてありますのでチェックしてください。

3.タンク容量と連続加湿時間

タンク容量と連続加湿時間は多ければ多いほど水を入れる手間が省けますので用途に応じて選びましょう。それからタンクに水を入れる場合の入れ方。給水口の広さや取り外し方法なども長く使ってゆく場合に大切なことです。

4.機能を見る

空焚き防止機能やタイマー機能、火傷防止(スチーム式の場合)などもチェックしましょう。

記事:2009年01月21日

関連キーワード:
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド