COPDの原因
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > COPDの原因

COPDの原因

COPDの原因ははっきりしています。長期間の喫煙や有害な空気などを吸い込むことにが原因で慢性気管支炎や肺気腫といった病気を引き起こします。

COPDの症状や原因について

この病気は別名を「肺の生活習慣病」や「たばこ病」などと言われるとおり、たばこがその主な原因となります。

最近は分煙も進んできましたが、喫煙者のそばにいる人(非喫煙者)の受動喫煙も勿論ですが、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の原因となります。原因としてはたばこが一番注目されますが、それ以外にも工事現場などに長時間に渡って働いていたり、大気汚染なども関係すると言われています。

予防には禁煙という選択肢は外せません。早くたばこをやめることができればそれだけリスクも減少するということになります。

ある調査では現在日本にもおよそ500万人もの患者がいるといった報告もあるくらいの病気です。COPDの情報サイト、SpiNetによるとその原因の90%は喫煙だといいます。たばこには4000種類もの化学物質が含まれており、中にはニコチンやタールなど、人体に悪影響を及ぼす物質も含まれています。

記事:2008年04月13日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド