歯軋りの予防と改善には
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 歯軋りの予防と改善には

歯軋りの予防と改善には

以前に「歯軋りの原因とは」でその原因について3つ挙げられるとご紹介しました。1つは過度のストレスによるもの、2つ目は歯の噛み合せの悪さ、3つ目は習慣や癖によるものです。

しかし、どうやって改善してゆけばいいのでしょうか?

歯軋りの予防に大切なこととは

歯軋りの予防の1つに、「スプリント療法」と呼ばれる治療法があります。これは単純に寝ている間にマウスピースのようなものをはめる方法で、歯が削れたりすることをあらかじめ予防してくれます。

この場合、一度歯科に行って相談してみるのもよい方法です。歯軋りのもう1つの原因である歯の噛み合せの悪さを見てもらうのもいいでしょう。

歯軋りの原因の1つはストレスですから、過度のストレスを感じているようであればまずはそちらのケアも大切でしょう。今回はストレス対策まではご紹介しませんが、1つの方法として、寝る直前にゆっくりと深呼吸して全身がリラックスしていくのを感じる方法があります。

また、寝る前に自分自身に暗示をかける方法、自己暗示法をすすめる専門家もいます。自己暗示法は、自分自身に「歯軋りをしたら目を開ける」・・・といった風にして暗示をかける方法です。

記事:2008年03月24日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド