インフルエンザ予防と湿度の保ち方
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > インフルエンザ予防と湿度の保ち方

インフルエンザ予防と湿度の保ち方

インフルエンザ予防に大切なことの1つは十分な湿度を保つこと。適度な湿度は風邪の予防にもつながる。厚生労働省によると湿度は50から60%に保つと効果的だといいます。

今では様々なタイプの加湿器が販売されていますから、日常でも活用したいところです。(加湿器の選び方参照)

湿度を保つコツ

加湿器を利用できる場合は積極的に湿度を上げるように気を配りたいところです。湿度計は部屋に設置しましょう。

また、出張や旅行などで加湿器を持ってゆけない場合などは(小型タイプの加湿器があるので出来れば用意しておきたい)ちょっとした工夫で湿度を保つことができます。

まずホテルなどでは浴槽に熱いお湯をはり、浴室のドアを開けたまま寝ること。これだけでかなりの乾燥対策になります。また、マスクをして眠るという方法もあります。マスクをすると吐く息で口の周りの湿度が下がらずのどを守ってくれます。

また、室内に濡れたタオルをほすだけでも湿度は違ってきます。

記事:2007年12月16日

関連キーワード:, , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド