水虫の症状とそのタイプ
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 水虫の症状とそのタイプ

水虫の症状とそのタイプ

水虫の症状には大きく分けて3つのタイプがあります。一番多いタイプの@趾間型(しかんがた)、足の裏側などにできるA小水疱型(しょうすいほうがた)、そして角質が硬くなり、皮がむけてしまうB角化型(かくかがた)です。

それぞれについてもう少し詳しくご説明します。

水虫の症状

@趾間型(しかんがた)

趾間型(しかんがた)は一番多く見られるタイプの水虫で足の指の間にできます。皮がふやけたり、いつも湿った感覚があります。

A小水疱型(しょうすいほうがた)

小水疱型(しょうすいほうがた)は足裏や側面などに小さな水疱(すいほう)ができます。

B角化型(かくかがた)

角化型(かくかがた)はかゆみなどもなく、水虫とは気づかないタイプで、足裏の皮膚が硬くなり粉をふいたような症状です。

記事:2007年11月30日

関連キーワード:, , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド