がん検診は何歳から受けるべき?
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > がん検診は何歳から受けるべき?

がん検診は何歳から受けるべき?

がん検診でも特に肺がん、胃がん、大腸がんは「40代から毎年受診することが望ましい」というのが国の指針です。

内閣府の調査によると、がん検診を「重要と思う」と答えた人は全体の94.7%にも及んでいるにもかかわらず、実際に「2年以内に受診した」と答えた人の割合は:胃がん検診 37.5%、肺がん検診39.2%、大腸がん検診32.4%、子宮がん検診39.0%、乳がん検診32.4%とすべてにおいて40%にも満たないといった結果が出ているのです。

がん検診

さらにがん検診を一度も受診したことがないと答えた人が肺がんで52%、胃がんで46%、大腸がんで55%、女性を対象とした子宮がんが38%、乳がんでも50%が受けたことがないと回答しています。

調査は全国の20歳以上の男女3000人を対象に行われています。

記事:2007年11月22日

関連キーワード:, , , , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド