睡眠時無呼吸症候群の予防には何が必要?
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 睡眠時無呼吸症候群の予防には何が必要?

睡眠時無呼吸症候群の予防には何が必要?

睡眠時無呼吸症候群とは10秒以上呼吸が停止し、それが7時間の睡眠の間に30回以上あること。いびきや日中の眠気、うつ状態やEDなどがその症状になることが知られています。

睡眠時無呼吸症候群はその特徴として40〜60代の肥満体系の男性に多いとも言われています。今回はその予防方法などを見てみたいと思います。

睡眠時無呼吸症候群の予防には

睡眠時無呼吸症候群の予防に必要なことはまず、やせること。やせることで気道の閉塞などをふせぎ、いびきなどの予防にもつながると専門家は指摘します。

2つ目に注意したいのは、お酒とたばこ。これはどんな病気にもつながるのかも知れません。しかし、お酒も適量におさえる必要はあります。お酒の飲みすぎや深酒は睡眠時無呼吸の回数を増やすといわれています。

3つ目は食生活の改善。特に食事(夕食)の時間帯を一定にすること。夜食は避けることなどが挙げられますね。

記事:2007年11月01日

関連キーワード:, , , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド