子宮頸がんとウイルス
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 子宮頸がんとウイルス

子宮頸がんとウイルス

子宮頸がんの多くがウイルス性。子宮頸がんの場合は、一般的ながんと違い、生活習慣や遺伝、ストレスなどといった要因ではなく、ウイルス感染が原因だと言われています。

子宮頸がんの原因

専門家は子宮頸がんの原因の9割以上は主にセックスによって感染するヒト・パピローマウイルス(HPV)と呼ばれるものが原因だと指摘します。

このヒト・パピローマウイルス(HPV)、実はその種類も多く、100種類以上あると言われています。ヒト・パピローマウイルス(HPV)は特殊なウイルスというわけではなく、セックス経験のある女性の7割以上は感染すると言われているのです。

ただし、ヒト・パピローマウイルス(HPV)に感染してもその殆どは1年程度で自然に治るのだといいますが、中にはリスクの高いヒト・パピローマウイルスに感染し、何らかの原因で治らなかった場合、子宮頸がんにすすむ場合もあると言います。

記事:2007年10月08日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド