骨粗しょう症と運動
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 骨粗しょう症と運動

骨粗しょう症と運動

骨粗しょう症について今までいくつかご紹介してきましたが、今回は骨粗しょう症と運動について、簡単に見てみましょう。

さて、運動は骨量にどのように関係しているのでしょうか?また、運動をしている人、していない人では骨密度に差が出てくると思いますか?

骨粗しょう症を予防する運動

骨粗しょう症予防のために運動は大切です。勿論、カルシウムをきちんと摂取し、ビタミンDがその吸収を助けてはじめて、それが可能になるのです。

運動はカルシウムを骨に蓄積させるのを助けてくれます。また、適度な運動は骨の新陳代謝を手助けしてくれます。

実際に運動と骨密度に関する研究が行われていますが、運動をしている人と運動をしていない人を比べたところ、1年後には運動をしていない人の骨密度は減っていたのに対して、温水プール浴を行った人は逆に骨密度が増えたという結果も出ています。

記事:2007年09月21日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド