骨密度と骨粗しょう症予防
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 骨密度と骨粗しょう症予防

骨密度と骨粗しょう症予防

骨粗しょう症は女性に多いのが特徴の病気。骨がもろくなってしまい、骨折しやすくなるのがその特徴です。

ではその骨粗しょう症を予防するにはどうしたらよいのでしょうか

骨粗しょう症予防は若いうちから

骨粗しょう症予防に大切なことは予防を若いうちからはじめる・・・という点です。なぜなら、人間の骨量というのは成人期のピークから高年期にかけて必ず減少してゆきます。

老化現象の1つともいえる骨粗しょう症ですが、女性の場合、閉経後に急激に骨量が減少します。

そのため、予防するには最大骨量をむかえる成人期にどれだけ骨量を多くしておけるかが大切といえます。ところが、若い女性などはその大切な時期に無理なダイエットなどを行うことで骨量を減らすことにもなりかねません。

予防は早い段階であればあるほど、効果があります。

記事:2007年09月19日

関連キーワード:, , , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド