ほくろと皮膚がんの見分け方
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > ほくろと皮膚がんの見分け方

ほくろと皮膚がんの見分け方

ほくろと思っていたら皮膚がん(がん性)になるタイプもあります。皮膚がんにも実は数十種類のタイプがあります。その症状別には悪臭がある場合もある有棘細胞ガン、顔に多く発生する基底細胞ガン、湿疹のように赤みがある外陰部パジェット病などがあります。

ほくろと皮膚がん

ほくろと皮膚がんですが、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

米国家庭医学会は下記のような症状のどれかがほくろに見られたら医師に相談すべきだと助言しています:

・出血 ・かゆみ
・成長が早い
・痛みが引かない(治らない)
・ざらざらしたサンドペーパーのような部位がある

(参考:HealthDay News jul 30)

これはその症状の一部に当たると思います。他にも気になる点があれば、すぐに医師に相談することが大切です。

記事:2007年08月06日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド