子供の紫外線対策は何故必要なのか
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 子供の紫外線対策は何故必要なのか

子供の紫外線対策は何故必要なのか

子供の紫外線対策って考えていますか?昔は子供は外で遊ぶものと言われていましたから、紫外線など気にする親もいなかったのかも知れません。

しかし、それはもう昔のことなのか。子供の頃に紫外線を浴びすぎると皮膚がんや白内障発症のリスクを高めるのではないかといった声もあります。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

子供の頃から始める紫外線対策

子供の紫外線対策はどの位行われているのでしょうか。日本小児皮膚科学会が行った調査では、小学校で子供の紫外線対策を行っていると答えた学校は全体の56%。およそ半数はその対策をしていないことになります。

世界的に見てもWHO(世界保健機構)が発表したデータでは紫外線が原因となり皮膚がんで死亡する人は年間で6万人以上。子供の紫外線対策を考える必要性を感じますね。

専門家によると一生のうちにあびる紫外線の量の半分は18歳までにあびると考えられているのだとか。

記事:2007年08月01日

関連キーワード:, , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド