乱視の症状とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 乱視の症状とは

乱視の症状とは

乱視の症状は年齢によって自覚できるようになる場合があります。例えば、目の疲れや視力障害などがそれです。

元々全ての人は乱視になる要素があります。乱視は角膜、水晶体がゆがむことによって起こりますが、乱視のない場合であっても角膜や水晶体は完璧な形ではないからです。

乱視の症状と矯正方法

さて、乱視の症状は冒頭でご紹介したように目の疲れなどを引き起こすことがあります。その結果、頭痛や肩こりになることも。または視力障害であったり、モノがぼけて見えたりすることもあります。しかし、軽度の乱視の場合にはその症状は殆ど現れません。

乱視の矯正にはメガネやコンタクトレンズなどが使われます。一般的にはメガネが使われますが、角膜に乱視の原因がある場合はコンタクトレンズで矯正することも可能です。他にも手術やレーザー治療といった選択肢もあります。

記事:2007年07月23日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド