乳がんと触診
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 乳がんと触診

乳がんと触診

乳がん検査のひとつに触診があります。医師が実際に乳房に触れてしこりなどがあるか、またはただれや乳頭から異常な分泌物はあるか、乳房の形状はどうか?といったことを検査するのが触診です。

しかし、この検査方法だけでは実は不十分であることはご存知でしょうか?

乳がん検診と触診

乳がんは触診だけでは発見できないこともある・・・というのも乳がんは手に触れるしこりになるまで、特に初期段階では触診だけでは発見できないケースがあります。

初期段階で見つけることで完全に治癒することも可能な乳がんですが、その超初期段階である石灰化は触診では分かりません。

そこで使用されるのがマンモグラフィや超音波検査など。マンモグラフィはX線検査ですので妊婦の方などは基本的に受けることが出来ませんが、早期発見には力を発揮します。また、超音波検査であれば、若い女性であっても、また妊娠中でも受けることが可能です。

記事:2007年07月03日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド