子宮頸がんの自覚症状
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 子宮頸がんの自覚症状

子宮頸がんの自覚症状

子宮頸がんの自覚症状は以前にもご紹介しましたが、初期段階では殆どありません。詳しくは(子宮頸がんの症状をご覧下さい)。

子宮頸がんの原因はヒト・パピローマウイルス(HPV)というウイルスであることは知られています。しかし、ヒト・パピローマウイルス(HPV)に感染することは性交渉の経験がある女性であればめずらしいことではなく、そのおよそ半数以上が経験があると言われています。

ヒト・パピローマウイルスに感染したからといって、子宮頸がんになるとは限りません。殆どの場合は自分の免疫力でウイルスを排除することが出来るからです。

排除できずに長期間に渡って感染を続けた場合に前がん状態へと進行するケースもあります。そしてさらに進むとがんになります。

いずれにしても、初期段階では子宮頸がんの初期症状は殆どありません。しかし、がんになる以前から検査を行うことはできます。30代から40代がピークと言われるこの病気、専門家は20代から検診を受けて欲しいと助言します。

記事:2007年06月29日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド