子宮頸がんの予防
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 子宮頸がんの予防

子宮頸がんの予防

子宮頸がんの予防、それは検診を定期的に受けることです。他の多くのがんと違い子宮頸がんの場合はその原因がある程度特定されています。

その原因とはヒト・パピローマウイルス(HPV)ですが、このヒト・パピローマウイルス(HPV)に長期間に渡って感染していると子宮頸がんを発症する可能性も高まります。

子宮頸がんの予防にはとにかく検診を受けること

子宮頸がんの予防に検診はとても大切です。何故なら、ヒト・パピローマウイルス(HPV)に感染しているかどうかも検診で分かりますので、事前にリスクを発見することが可能です。

ヒト・パピローマウイルス(HPV)に感染すること自体はめずらしいことではありません。多くの場合は自分の免疫機能で排出することが可能です。しかし、排出ができないケースで長期間感染していると前がん状態になる場合もありますが、これも検査で発見することが可能です。

この時点で発見した場合、ほぼ100%完治すると考えられています。

記事:2007年06月29日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド