子宮頸がんの原因とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 子宮頸がんの原因とは

子宮頸がんの原因とは

子宮頸がんの原因は何でしょうか?生活習慣なのでしょうか?遺伝でしょうか?

実は子宮頸がんは原因が明らかにされています。その原因とはヒト・パピローマウイルス(HPVとも呼ばれます)と呼ばれるウイルスの中の一部のウイルスによって引き起こされると考えられています。

では何故そのウイルスに感染してしまうのでしょうか?

子宮頸がんの原因と感染経路、予防など

子宮頸がんの原因はヒト・パピローマウイルス(HPV)であると冒頭でご紹介しました。このヒト・パピローマウイルス、どうやって感染するのでしょうか?

ヒト・パピローマウイルスの感染する理由はセックスです。コンドームを使用することである程度は予防できても、皮膚の接触などでも感染することもあります。

ただ、ヒト・パピローマウイルスに感染したからといって子宮頸がんになるとは限りません。殆どの場合は免疫力によってウイルスを排除することができますが、何らかの理由で感染が続いた場合は子宮頸がんにゆっくりと進行する場合もあります。

記事:2007年06月28日

関連キーワード:, , , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド