子宮頸がんの症状
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 子宮頸がんの症状

子宮頸がんの症状

若い女性増加している子宮頸がんにはどんな症状があるのでしょうか。

子宮頸がんの症状だけではなく、がんは一般的に初期症状が殆どない、又は現れ難い病気であることは既に知られている通りです。

子宮頸がんの自覚症状

子宮頸がんの症状にしても同じ。自覚症状などは初期の段階では殆どありません。それだけに検診が必要で、専門家は20代から検診を受けるべきだと助言します。(20代の患者も増加傾向にあります)

がんが進行することによって性交の際の出血、月経以外での出血などが考えられます。他にも:

・性交時、月経時以外の出血
・茶褐色、黒褐色のおりものが増える
・月経の量が増えたり長引いたりする
・下腹部、腰が痛む

出典:オレンジクローバー 子宮頸がんとは

といった症状があると考えられています。完治のためには出来るだけ早期の段階で発見することが重要であることは言うまでもありません。

記事:2007年06月28日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド