妊娠中の乳がんは進行が早い?
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 妊娠中の乳がんは進行が早い?

妊娠中の乳がんは進行が早い?

妊娠中には乳がんにならないと考える人も多いかも知れません。しかしながら、妊娠中でも乳がんになることはあります。

妊娠中の乳がんの注意点など簡単にまとめました。

妊娠中の乳がんのリスクと検査

妊娠中は乳がんにならないのではないだろうか・・・そう思っていると危険な理由があります。それは妊娠中はエストロゲンの分泌量が増加するということ。

エストロゲンが増加することがどう関係するのか?

それはエストロゲンによって乳がんの(もし発症していたとすれば)進行が早まると考えられているからです。さらに、乳房がはっていますから、自己検診では乳がんが発見し難いのも問題点であるといえるのではないでしょうか。

妊娠中はマンモグラフィは基本的に受けられません(X線検査のため)。しかし、超音波検査は可能ですのでまずは医師に相談してみるといいと思います。

記事:2007年06月28日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド