妊娠糖尿病の原因
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > 妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病の原因は妊娠時に血糖値を上げやすいインスリン拮抗ホルモンと呼ばれる血糖値を上げやすいホルモンが産出されることが一因となっています。

この時、通常の場合は膵臓からインスリンを分泌することで血糖値は上がらないようになるわけですが、妊婦の体質によって十分なインスリンを分泌することができないケースもあります。

妊娠糖尿病の原因とリスクとは

妊娠糖尿病の原因として考慮すべき危険因子について新たな発見がありました。その内容から睡眠時無呼吸症候群が妊娠糖尿病のリスクを高めることが分かっています。

米国胸部学会で発表されたこの内容から睡眠時無呼吸は妊娠糖尿病のリスクを2倍にもすることが分かっています。睡眠時無呼吸によって酸素量が低下するとコレチゾールやエピネフリンなどのホルモンを分泌するようになり、それがインスリンの感受性を低下させるのだといいます。

記事:2007年06月24日

関連キーワード:, , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド