コンタクトレンズの使用期限と目の病気
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と医療 > コンタクトレンズの使用期限と目の病気

コンタクトレンズの使用期限と目の病気

コンタクトレンズの使用期限と目の病気というタイトルで今回はご紹介したいと思います。コンタクトレンズの使用期限は現在お使いのタイプによって全く変わってくると思います。

しかし、その使用期限を守らないことで発症してしまう目の病気がいくつもあります。そのひとつが角膜浸潤(かくまくしんじゅん)と呼ばれるものです。

コンタクトレンズの使用期限を守らないと?

コンタクトレンズの使用期限といっても様々ですが、例えばちょっとした油断で夜コンタクトレンズをつけたまま寝てしまう・・・こともあるかも知れません。

角膜浸潤(かくまくしんじゅん)とは角膜が炎症を起こしてしまい、黒目の部分がありますが、そこが一部白くなってしまう病気です。この白く濁ってしまう理由は通常は角膜の中にはない白血球が入ってくるからです。

角膜浸潤(かくまくしんじゅん)の治療には、抗菌薬が一般的に用いられます。その間、コンタクトレンズは勿論使用できません。

記事:2007年06月07日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド