果物の効果
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と食 > 果物の効果

果物の効果

果物の効果はいろいろと報告されていますが、今回は結腸がんに対する果物の効果についてご紹介したいと思います。

このほど、米国で発表されたデータ(ノースカロライナ大学の研究チーム)によると果物を多く食べていた人の方が結腸がんになるリスクが低いというのです。

果物の効果で結腸がん予防か

この研究チームは結腸がんの検査を受けた725人に対して彼らの生活習慣(直生活や喫煙の有無など)を調査し、その結果と結腸がんのリスクについてまとめています。

725人は@お肉ばかり食べていたグループ、A野菜を多く食べ、お肉も食べていたグループ、B果物を多く食べていて、お肉は殆ど食べなかったグループといった風にして3つに分けました。

その結果、お肉ばかりを食べていたグループはBの果物ばかりを食べていたグループに比べて悪性のポリープが見つかる確率が70%も高かったのだそうです。

記事:2007年03月25日

関連キーワード:
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド