ゴーヤーの栄養とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と食 > ゴーヤーの栄養とは

ゴーヤーの栄養とは

ゴーヤーとは「ツルレイシ」のことで、「ニガウリ」とも呼ばれています。沖縄県の人はゴーヤーと言いますが、家庭でも比較的簡単にお茶にして飲むこともできます。沖縄県の人は長生きだと考えられていますが、その秘密はゴーヤーの栄養にあるのかも知れませんね。

ゴーヤーの栄養

ゴーヤーの栄養ですが、よく知られているのはビタミンCを多く含んでいる点です。しかも、熱してもビタミンCが失われ難いために、ゴーヤーチャンプルーはビタミンCを効果的に摂取するには向いていると言えますね。

また、あの独特の苦味ですが、その元となっている成分(モモルデシン、チャランチン)には血糖値を下げる効果があるといわれています。さらにカリウムも多く含まれていますから、高血圧の予防にも効果を発揮します。

ゴーヤーはこの通り栄養に富んだ食材です。最近ではそのダイエット効果なども注目されるようになりました。

記事:2007年03月16日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド