EPAとDHAの効果とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と食 > EPAとDHAの効果とは

EPAとDHAの効果とは

サバに多く含まれるEPAとDHAは共にサバの脂に多く含まれていますが、その効果とはどんなことが挙げられるのでしょうか?

EPAの効果

サバに含まれるEPAはエイコサペンタエン酸といって血液をサラサラにしてくれる効果があり、動脈硬化や脳卒中に有効だと言われています。

また、EPAは血行をよくすることで肩こり解消などにも有効ですね。

DHAの効果

DHAもサバに多く含まれています。

DHAはコレステロールや中性脂肪を減らしてくれる効果があるだけでなく、網膜に働き、視力の低下や目の疲れなどにも効果があるといわれています。

しかし、EPAとDHAは不飽和脂肪酸で、酸化することで過酸化脂質となり、がんなどの原因にもなります。酸化を防いでくれるビタミンEを一緒に摂取することが大切です。ちなみにサバにはビタミンEが含まれています。

記事:2007年02月01日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド