小松菜の栄養素とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康と食 > 小松菜の栄養素とは

小松菜の栄養素とは

小松菜(こまつな)は元々はかぶから改良された冬菜。東京都江戸川区小松川が産地であったためにこの名前がついたと言われています。

江戸時代には徳川綱吉が好んで食していたことでも知られる小松菜の栄養素についてご紹介したいと思います。

小松菜の栄養

小松菜の栄養素は色々とありますが、中でもカルシウムの多さは特に注目されます。ほうれんそうと比較すると小松菜に含まれるカルシウムの量はなんとその3〜5倍。

小松菜100gで1日に必要なカルシウム量の3分の1はとれてしまうというすぐれものです。カルシウムは骨を丈夫にするだけでなく、ストレスを緩和してくれる働きもあります。

小松菜の主な栄養素

小松菜の主な栄養素は下記の通りです:

カルシウム: 170mg
ビタミンA: 520ug
ビタミンC: 39g
鉄: 2.8mg

数値は100g中の含有量

記事:2007年01月29日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド