ダイエットに効く走り方:スロージョギングの秘密とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 生活習慣病 > ダイエットに効く走り方:スロージョギングの秘密とは

ダイエットに効く走り方:スロージョギングの秘密とは

ダイエットのためにはどんな走り方が効果的でしょうか?それには色々な意見があると思います。有酸素運動がいいとか、無酸素運動をして筋力アップをはかり、基礎代謝をあげた方がいいとか・・・。

しかし、どうせなら長く続けられて楽しい方がいいとは思いませんか?

ではどうやったらダイエットにも効果的で長く続けられる走り方ができるのでしょうか?それには疲れない走り方をすればいいんです。

これをスロージョギングと呼びます。スロージョギングは時速4キロから5キロ程度、つまり歩く速さと殆ど同じスピードで走ります。ウォーキングと同じだからといって、甘くみてはいけません。スロージョギングの消費カロリーはウォーキングの1.6倍もあります。

さらに、このスロージョギングを継続してゆくと、疲れないでさらに速く走れるようになるんです。

でもその前に、スロージョギングだと何故長い距離を走れるのかをご説明しましょう。その秘密は歩く程度のスピードで走ることで、持久力がある「遅筋」だけを使う点にあります。「遅筋」だけを使って走ることで長く走れるようになるわけです。

だから、スロージョギングを継続した人は、走ることが楽しくなったり、どこまでも走れるという快感を覚えたりするようになるという調査結果もあります。

さらに、体だけの変化ではなく、スロージョギングを続けると悩みがなくなったと感じたり、怒らなくなった・・・と感じる人など気持ちの面での変化もあったのだといいます。

ダイエットにも効果的な走り方がスロージョギングですが、その効果は痩せることだけではないようです。

記事:2009年09月09日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド