タバコで大腸がんになる確率
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 生活習慣病 > タバコで大腸がんになる確率

タバコで大腸がんになる確率

タバコが肺がんだけでなく、様々なガンのリスクを上げることについては以前にもご紹介したとおりです。しかし、今回は大腸がんとタバコとのリスクについて新たな報告がありましたのでご紹介します。

大腸がんの危険因子

今回の新たな調査結果はイタリアの研究グループによって行われたもので、アメリカの医学誌で発表されています。

それによるとタバコを吸う人は吸わない人に比べて大腸がんを発祥する危険性が18%も増加。さらに喫煙を30年続けた後になると1日のタバコの本数が多いほどに大腸がんの発症率も上がることがわかりました。

さらに、大腸がんによって死亡する確率はタバコを吸う人の方が吸わない人に比べて25%も高いといった結果も出ています。

記事:2009年03月18日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド