メタボリックシンドロームの原因は夜型生活?
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 生活習慣病 > メタボリックシンドロームの原因は夜型生活?

メタボリックシンドロームの原因は夜型生活?

メタボリックシンドロームの改善法では最大心拍数の60%から75%程度の運動を続けることが効果がある・・・といったことをご紹介しました。

ではメタボリックシンドロームの原因って何なのでしょうか?運動不足、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ・・・色々と考えられますね。では夜型の生活ってどうでしょう?明らかに関係しているように思えます。

実際に、夜型と朝方の生活の人を比べて、どっちがメタボリックシンドロームの原因となるのか・・・といった調査を行った実験があります。

メタボリックシンドロームの原因を解消できるのか?

さて、その調査の結果ですが、もうお分かりのように夜型の人の方がエネルギー消費が少なく、つまり太りやすい・・・といった結果になっているんです。

朝型の生活に切り替えることで毎日消費するエネルギー量が増えます。早起きのコツについては不眠を治す方法でも少しご紹介しましたが、私は早寝が一番だと思います。

早く寝る・・・そしてこれを継続する。そして習慣にする。早起きが当たり前になる。といった好循環を作り出してゆくことです。その結果、メタボリックシンドロームの原因の1つが取り除ければ、最高ですね。

記事:2008年06月18日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド