内臓脂肪型肥満とは
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 生活習慣病 > 内臓脂肪型肥満とは

内臓脂肪型肥満とは

内臓脂肪型肥満とは肥満のタイプの1つですが、おなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積したタイプで生活習慣病に深い係わり合いがあることがわかっています。

内臓脂肪型肥満(りんご型肥満)

内臓脂肪型肥満はりんご型肥満とも呼ばれます。このタイプの特徴は上半身に脂肪がつくことで、冒頭でご紹介したように動脈硬化など生活習慣病につながることがあります。

主に男性に多いタイプではありますが、閉経後の女性にも見受けられることがあります。

女性の場合は皮下脂肪型肥満の方が多いのが特徴です。皮下脂肪型の場合は主に下半身(おしりや太ももなど)に脂肪がつきます。

いずれにしても、メタボリックシンドロームという観点では内臓脂肪型の方が危険であるといえますが、内臓脂肪を減らすには毎日の食生活をまずは見直すこと。そして運動不足を解消することが基本となります。

記事:2008年01月08日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド