脳卒中、心筋梗塞の予防には果物
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 生活習慣病 > 脳卒中、心筋梗塞の予防には果物

脳卒中、心筋梗塞の予防には果物

脳卒中や心筋梗塞を予防するのに適している食べ物は果物・・・・・・厚生労働省研究班が行った調査ではそんな結果になっています。

この調査は岩手、秋田、新潟、長野、茨城、高知、長崎、沖縄に住む45歳から74歳の日本人男女およそ8万人を対象にして行われたものでしたが、もう少し詳しく見てみましょう。

果物の効果と脳卒中・心筋梗塞予防効果

この調査では果物や野菜の摂取量と脳梗塞や心筋梗塞、がんなどの発症リスクとを比較したものでした。

結果は果物をもっとも多く摂取していたグループ(1日当たり280g)は果物をもっとも食べていなかったグループ(1日当たり35g)に比べ脳梗塞や心筋梗塞などの発症リスクが19%も低いことが分かっています。

さらに、果物を2番目に多く摂取したグループでも一番食べていないグループに比べて発症リスクは17%も低かったのです。

記事:2007年12月06日

関連キーワード:, , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド