糖尿病は動脈硬化に気をつける
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 生活習慣病 > 糖尿病は動脈硬化に気をつける

糖尿病は動脈硬化に気をつける

糖尿病の合併症の1つが動脈硬化です。動脈硬化とは何も糖尿病の人だけがなってしまう病気ではなく、誰でも老化とともにそのリスクが上昇することは知られています。

動脈硬化はある意味、老化現象の1つなのですから。

しかし、糖尿病の患者さんは、この動脈硬化が10年早まると考えられています。

糖尿病と動脈硬化

糖尿病の他にも動脈硬化の危険を高めるものがあります。

それがストレスや肥満、喫煙、高血圧、高脂血症などです。動脈硬化はしかも、自覚症状などがないまま静かに進行し、気づくと、命にかかわる病気を引き起こしている・・・といったことも珍しくありません。

そのため、動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれることもあります。

記事:2007年09月15日

関連キーワード:, , , , , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド