高血圧予防に塩分制限が必要な理由
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 生活習慣病 > 高血圧予防に塩分制限が必要な理由

高血圧予防に塩分制限が必要な理由

高血圧予防に塩分制限が効果的である理由は何だと思います?

塩分は控えるように・・・色々な場所で耳にする言葉です。私達日本人は塩分を多くとる人種であるといえますが、平成15年の国民健康・栄養調査では1日平均11gの塩分を摂取しているという結果になっています。

この数値が多いのか少ないのか・・・というところですが、実はWHOが言う適正摂取量はこの半分なのです。いかに日本人が塩分をとるかがわかると思います。

高血圧予防と塩分

では高血圧予防に塩分を控える理由は何だということになりますが、それは塩分を必要以上にとることで、体は血中の塩分濃度を下げるために水分で薄めようとします。これが結果的に血液の量を増加され高血圧を招く・・・という仕組みなんです。

特に年配の男性は塩分を多く摂取する傾向にありますので注意が必要ですね。

記事:2007年06月30日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド