血圧測定方法はここに気をつける
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 生活習慣病 > 血圧測定方法はここに気をつける

血圧測定方法はここに気をつける

血圧測定方法ということですが、家庭での血圧測定が重要な理由は仮面高血圧や白衣高血圧(どちらも下記の関連記事参照)でも指摘してきました。

家庭で血圧測定を行う際、いくつか気をつけておきたいことがあります。

家庭での血圧測定方法

基準値ですが、最高血圧135mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上の場合、高血圧の可能性があると考えられます。

しかし、これは1回だけの数値ではありません。高血圧は慢性的な状態を言います。

血圧測定方法ですが、朝と夜(1日2回)に測定します。時間はあらかじめ決めておくことが大切です。血圧計はできれば上腕部にあてて使用するものが好ましいと言われています。

また、家庭で血圧測定する際の注意点ですが、お風呂や飲酒、喫煙、運動などは測定値を狂わせてしまいますので測定前は控えること、それからゆったりとリラックスした状態で測定することが大切です。少なくとも15分はその状態を保ってから測定するとより正確な数値が出ると思います。

記事:2007年06月30日

関連キーワード:, , , , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド