睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 生活習慣病 > 睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病

睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病

睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病、どんな係わり合いがあるのでしょうか。生活習慣病のひとつ糖尿病はどうも関係があるというのです。

睡眠時無呼吸症候群と糖尿病(生活習慣病)

睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病の関係について調査を行ったエール大学の研究者は睡眠時無呼吸症候群の患者600人を6年間に渡って調査しています。

その結果、睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病のひとつ、糖尿病が関係していることを発見したのだと言います。

彼らの調査によれば、睡眠時無呼吸症候群の患者が糖尿病になる確率は他の人に比べて2.5倍も高いことが明らかになっています。さらに症状が悪ければ悪いほどに、糖尿病になるリスクは高まったのだそうです。

記事:2007年06月18日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド