疲れ目を改善させるための方法と対策
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 疲れ目を改善させるための方法と対策

疲れ目を改善させるための方法と対策

パソコンを1日中見ている方も多いと思います。そんな方に多いのが疲れ目の悩みです。今回はそんな疲れ目を改善させるための方法と対策について焦点を当ててみたいと思います。

まず最初に疲れ目の原因ですが、冒頭でもご紹介したパソコンの使用が挙げられます。睡眠不足やストレスも関係してきますが、その原因となっているのはやはりパソコンの使用(仕事)と深い関係があるのかも知れませんね。

パソコン作業に集中することで人は知らず知らずのうちにまばたきの回数が減少してしまいます。

まばたきの回数が減少すると目の表面が乾燥して、目の疲労を引き起こす・・・というわけです。

ではどうやったらそんな疲れ目を改善できるのでしょう。

疲れ目の対策は簡単。目を休ませることです。といっても仕事があっては休めないとあなたは思うかも知れませんが、少ない時間でもいいですので、目を休ませてあげることで作業の効率は結局のところアップするものです。

ですから、疲れ目の対策の基本は適度に目を休めること。できれば、1時間に10分程度目をパソコンの画面から離す努力をしてみて下さい。

続けて10分間休めないなら、ちょこちょことパソコンから目をはずして遠くを見たり、目を意識的に閉じてみることもとても効果的ですから是非試してみてください。

次回はまた違った疲れ目の対策方法についてご紹介してゆきます。

記事:2009年11月29日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド