不眠を改善するための2つの方法 (1)
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 不眠を改善するための2つの方法 (1)

不眠を改善するための2つの方法 (1)

不眠を改善するための2つの方法と題して今回はご紹介したいと思います。

さて、不眠を改善するためにはどんなことをすればいいいのでしょうか?まず、不眠症の方の場合、夜眠れないわけです。しかし、朝は会社や学校に行ったりしておきなければなりません。

すると睡眠不足になります。その不足した睡眠の分というのはいつかどこかで返さなければなりません。そこで昼寝をしたり、どこかで居眠りをしてしまったりすることもあるかと思います。

夜寝つきをよくするにはこの昼寝や居眠りを改善してゆく必要があります。

まず、昼寝ですが、昼寝の時間は15分か20分程度におさえます。それ以上寝ていると夜眠れないことにつながりますので。そして昼寝の時間帯ですが、これは午後3時までを目安にします。

それ以降に昼寝をすれば、これもまた夜の睡眠に影響を与えるというわけです。

それから、居眠りですが、これも同じように午後3時以降はやめること。そして時間は15分以内にする必要があります。特に夕方になって居眠りをしている人もいますが、不眠を改善するのであればそれはやめる必要があります。

最初はきついと思いますが、質の良い睡眠がいつもとれるようになれば居眠りの必要性もなくなってきます。

記事:2009年10月25日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド