噛むことの8つの効果
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 噛むことの8つの効果

噛むことの8つの効果

食べ物をよく噛むことの効果については今までもいくつかご紹介してきました。

その1つはダイエット効果でしたね。よく噛むことで満足感を得られるという効果があります。また、よく噛むことでゆっくりと食事をすることになり、満腹感を得やすいのです。

日本歯科医師会が提唱してできた財団法人8020推進財団によると噛むことの効果は8つあるそうです。それを覚えやすいようにすると、「ひみこのはがいーぜ」となります。覚えやすいですね。

その内容を詳しく見てみましょう:

1.[ひ] 肥満を予防する・・・これは上記でもご紹介したとおり。よく噛むことで脳の満腹中枢が刺激され、満腹感が得られるようになります。

2.[み] 味覚の改善・・・よく噛むことの効果の2つ目は味覚です。よく噛むことでその食材本来の味がわかるようになります。よく噛むことで味付けもうす味ですむようになりますから、高血圧の予防にもなります。

3.[こ] 言葉の発音がはっきり・・・よく噛むことは口のまわりの筋肉をよく使うことにつながり、それだけ表情も豊かになったり、若々しく見えます。言葉の発音も綺麗になるそうです。

4.[の] 脳の発達・・・よく噛むことで脳細胞を活性化させることができます。認知症の予防にも役立ちます。

5.[は] 歯の病気予防・・・よく噛むと唾液が沢山でます。唾液は虫歯を予防したり、細菌をやっつけてくれる効果があります。

6.[が] がんの予防・・・噛むとがん予防になるなんて信じられないかも知れません。しかし、よく噛んで唾液がたくさんでます。唾液の中には発ガン物質を消す働きがある酵素が含まれているのです。この酵素をうまくつかうためには一口で30回以上噛むことです。

7.[い] 胃腸の働きをよくする・・・食べ物をよく噛むことで消化酵素がたくさんでて、胃腸の健康にも役立ちます。

8.[ぜ] 全身の体力アップ・・・健康な歯がなければここぞという時に力をだして踏ん張れません。虫歯だらけ、歯周病が進行した歯では力も出てこないのです。

記事:2009年09月16日

関連キーワード:, , ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド