椎茸の栄養と効能
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 椎茸の栄養と効能

椎茸の栄養と効能

椎茸の原産地と言えば、日本と中国。今ではアメリカなどでも椎茸はその健康効果もあって人気なのだとか。

椎茸の栄養としてはビタミンB1、ビタミンB2などを多く含んでいます。また、紫外線をうけるとビタミンDに変化するというエルゴステロールも多く含まれています。

また、食物繊維も豊富で生しいたけの場合100グラムに3.5gの食物繊維が、干し椎茸の場合100グラム中に41.0グラムの食物繊維が含まれています。

色々な料理に使っても美味しい椎茸ですが、実は中性脂肪を減らす効果や血圧を下げる効果なども知られています。

また、新たな調査ではがん治療後に再発予防を期す50〜70代の患者13人に、シイタケ菌糸体の抽出物を毎日食べてもらったところ、がん細胞を抑制する免疫指標が20週間後には10人で最高4.5倍以上にもなったのだと言います。

ただ、この結果についてはさらなる調査が必要だと専門家はアドバイスします。また、椎茸には冒頭でご紹介したように中性脂肪を下げる効果や血圧を下げる効果などがあると考えられていますが、椎茸だけに頼ればよくなるというわけではありません。

その点は注意した方がいいですね。

記事:2009年07月01日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド