ウォーキングの消費カロリーを増やすには
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > ウォーキングの消費カロリーを増やすには

ウォーキングの消費カロリーを増やすには

ウォーキングといっても人によって歩くペースが違い、消費カロリーも変わってきます。消費カロリーは体重によってもかわってきます。

男性の場合、体重が60キロの人だと1時間で210kcalをウォーキングで消費します。女性の体重50キロの人の場合だと1時間で170kcalです。これは急ぎ足のウォーキングの場合で、ゆっくり歩いた場合はさらに消費カロリーが少なくなります。

こう考えてみると意外とウォーキングってカロリーを消費してくれない・・・と思う方もいるかも知れません。

スローピングでウォーキングの効率を上げる

そんな人におすすめしたいのが、スローピング。スローピングのスロープは「傾斜」という意味です。つまり、傾斜のあるところ、例えば階段などを歩くことでウォーキングの効率を上げるという方法です。

スローピングを取り入れることで普段よりも短時間で消費カロリーが上がったり、筋肉がつきやすくなるなど、様々な効果が期待できます。

次回ウォーキングをする際はスローピングを取り入れてみましょう。

記事:2009年04月26日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド