不眠解消のための12の方法
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 不眠解消のための12の方法

不眠解消のための12の方法

不眠で悩む人は沢山います。日本人では5人に1人が何かしらの睡眠障害を抱えているといわれているのですから。

では具体的に不眠を解消するための対策にはどんなことが考えられているのでしょうか?下記の厚生労働省の精神・神経疾患研究委託費によって、「睡眠障害の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班」が作成した「睡眠障害対処12の指針」からヒントを得たいと思います。

1.睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分



〜睡眠時間は人によって大きく変わってきます。1日5時間睡眠で大丈夫な人もいれば、9時間睡眠でなければならない人もいます。不眠解消に大切なのは自分にあった睡眠時間を見つけることです。


2.刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法



〜カフェインの効果はあなたが思っているよりも長く続きますから、夕食後のカフェインは避けましょう。昼間にコーヒーを飲みすぎてしまうと夜まで影響が出ることもあります。


3.眠たくなってから床に就く、就床時刻にこだわりすぎない



〜ベッドに入って眠れない・・・という日々が続くと寝室自体が苦痛になってしまうこともあるでしょう、そんな時のために眠くなってからはじめてベッドに行く・・・という方法をとるのもいいかも知れません。


4.同じ時刻に毎日起床



〜起き上がる時間は決めておきたいところですが、大切なのは起きることではなく、早く寝れるようになること。朝起きれないのはあなたが怠けているからではありません。夜、早くに寝れなかったからです。つまり睡眠不足なんですね。


5.光の利用でよい睡眠



〜朝の光を浴びると体内時計が動き出します。体内時計は睡眠に大きくかかわってきます。朝起きたらカーテンを開けましょう。不眠を解消するための鍵となるのは体内時計です。


6.規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣



〜動かない体は寝付けない体です。適度な運動は寝つきを良くしますし、睡眠の質も高めてくれます。


7.昼寝をするなら、15時前の20〜30分



〜昼寝は睡眠不足を補う意味でも非常に効果的な方法ですが、午後3時前にしたいところです。それ以降だと夜眠れなくなってしまうこともあるかも知れません。


8.眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに



〜この方法もいいですが、私は個人的にはあまりおすすめできません。それよりも軽い運動をして、体をある程度疲れさせ睡眠のリズムを見直してみることが大切かなと思います。


9.睡眠中の激しいイビキ・呼吸停止や足のぴくつき・むずむず感は要注意



〜睡眠時無呼吸症候群などは病院で診てもらう必要があります。


10.十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に



〜睡眠時無呼吸症候群などが疑われる場合も。


11.睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと



〜日本人の不眠対策でもよくあるパターンが寝酒。たしかに寝つきはよくなるかも知れませんが、中途覚醒や早朝覚醒の原因となることが多いのです。


12.睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全



睡眠薬を使う場合は、医師の指示を守って使用してください。

記事:2009年01月28日

関連キーワード:,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド