歯磨きの回数は1日どの位が正しいのか
健康オールダイジェスト
健康オールダイジェスト > 健康全般 > 歯磨きの回数は1日どの位が正しいのか

歯磨きの回数は1日どの位が正しいのか

虫歯予防や口臭予防には絶対に欠かせない歯磨きですが、1日の回数はどの位が正しいのでしょうか?

歯磨きは歯周病を予防するという意味でも最も大切なことの1つです。Business Media 誠によって行われた調査によると1日の歯磨きの回数で一番多かったのが「1日2回」の歯磨き(53%)。2位が「1日1回」(25%)、「1日3回以上」(20%)。中には「2〜3日に1回以下」という驚きの回答もありました。

以前にライオンが行った歯磨きの回数の調査「女性の口腔衛生に関する意識調査」では女性が行う1日の歯磨きの回数は平均で2.45回という回答でした。

その調査では「1日2回」が55%、3回以上が40.5%といった回答になりました。また、学校や会社に歯ブラシを持っていったり、置いてあると答える人は45.5%という回答でした。外出先で歯磨きをするという人も増えているようです。

正しい歯磨きの回数は

口臭予防や歯周病の予防などで重要な歯磨きの回数は1日3回。「3・3・3式」という言葉を聞いたことがある人もいるかも知れません。

歯磨きは毎食後に3回、3分以内に3分間磨く・・・という意味です。是非実行してみてください。

記事:2008年12月14日

関連キーワード:, ,
前後の記事
関連ページ
便秘・痔ガイド
腰痛ガイド